トヨタ矯正歯科クリニック
イメージ
トップ
どんな先生
こどもの矯正治療
大人の矯正治療
こんなクリニック
どんなクリニック
生活習慣改善
治療の新システム
治療の流れ
場所のご案内
歯が動いた

トヨタ矯正歯科クリニック
〒436-0029
静岡県掛川市南1-12-11
tel 0537-23-4600
どんなクリニック?
■顎関節症
 40年前は歯を単に並べるだけの治療でした。しかしここ数年「歯と顎の矯正学」として変遷してきています。なぜでしょう?見た目が綺麗なだけではうまく咬めない人もいるのです。例えば、入れ歯をお口に入れました。だからあなたはこの入れ歯に合わせて咬みなさい、ではうまく咬める筈がありません。服に合わせてあなたの身体を折り曲げることはできないのですから。「顎関節症」は現代病とまで言われています。一般的な症状は、アゴがカクカクする、大きくお口を開けるとアゴが痛い、歯軋り、偏頭痛、耳鳴り、肩コリ、腰痛、猫背etcです。
 治療方法は「SPLINT」という取り外し可能な硬化樹脂のプラスチックを上顎にのみセットします。当クリニックではスタビライゼーション型を採用し、咀嚼筋をリラックスできるように製作されています。不正な歯並びや習慣的な咬み癖を是正し、お口も閉じ易く、筋肉も柔らかくなり、ストレスも軽減されて、咬み合わせのバランスを良くしていきます。うまく咬めるようになってから歯並びを綺麗に整えていくわけです。決して無駄な治療ではなく、10年〜20年先の健康と安定性に深く関与しています。
■大人の矯正治療
 特に女性ならではのうれしい問題もあります。それは結婚と出産です。ブラケットを付けているから結婚できないなんてことはなく、逆に何に対しても積極的になり矯正治療を始めてからご結婚を決められる方も多数おられます。中には「婚約指輪の換わりにあなたが一生健康でいられるために矯正治療を受けて下さい」という健康指向の女性も。ステキですね。もちろん式当日はホワイトコーティングされたワイヤーにしますので目立つことはありません。とはいえ花嫁さんのお口をアップで写真を撮る人もいないと思いますけど。
 ご出産ももちろんOKです。3ケ月ほど矯正治療をお休みし、それからまた再開するだけですので何ら心配はいりません。当クリニックでも1年に何人かは、ご結婚や出産をという方が数名はおられます。そしてぜひお子様とご一緒に来院して下さい。歯医者さん嫌いも無くなりますし、歯磨きも一緒にするようになりますから。
■写真
 当クリニックの特徴の1つとして毎回の写真撮影があります。これは今までの治療内容を把握して次回の治療にすぐさま反映できるようにしているのです。予約日にご来院いただいてからどういう治療をするかを考えるのではなく、事前に準備をしています。毎回3〜8枚をお撮りいたしますので、治療終了時には400枚以上になることもございます。その写真を目でずっと追っていくと、どういうふうに動いているかがとてもリアルにわかります。正しい方向に治療が進んでいるかもチェックしているんです。
■たばこ
 ここ近年かなり批判が出ているところではありますが、確かに良くはありませんね。この矯正歯科の分野でも歯の動きが遅くなるだとか、後戻りしやすい、歯周病に罹患しやすいという報告があります。実はこの私自身も学生時代から 2000年まで吸っていました。ではなぜ止めたかと言いますと「子供の健康」が第一だからです。きっかけは女性誌に書かれていた (1)たばこを吸うと脳血管がキュッと梗塞する。ということはタバコを吸っても気分転換にはならない。そういえば久しぶりに吸うと頭がクラクラするのはそのせいなんだ。(2)たばこを止めるとお金が貯まる。それで子供に何か買ってあげられる。この2つがいつも頭の中を巡っていました。じゃあいつ禁煙宣言をするのか。友達の話しでは苦しい、つらい、イライラすると言っている。でも、肺ガンにはなりたくない。そこで、1月のとある日曜日のサッカーの練習から帰ってきて熱を出してしまったので、じゃあ1度止めてみようかと踏み切ってから今に至ります。3日でダメだろうな。1週間は続かない。と言っていたのがもう5年近くになります。今の正直な感想は、仕事をしていても長続きするということです。つまり「たばこ」が吸いたいからこのへんで休憩しようということがなくなりました。じゃあ以前は頻繁にさぼっていたことになりますね。また家族の反応は、家中にたばこの臭が一切しなくなったと言います。ちょうど昨年から上の子が喘息で苦しい思いをしています。今本当に止めていて良かったと思うのと、もしかして私の喫煙が原因でこんなふうにしてしまったのかもしれないという悔やみ切れない思いも、申し訳ない気持ちもあります。ご主人が喫煙していて、奥様が肺ガンにったということも聞きますし、夫婦で吸っていて奥様の方が脳梗塞になり易いという事例もあります。いずれにしろ家族は守らなければいけません。
▲ページの先頭へ